肺がん治療の種類と手術の適用

肺がんの治療法には、大きく分けて、外科手術による手術療法、抗がん剤による化学療法、放射線療法の3つがあります。

もし、早期の肺がんであれば手術療法が適用されます。場合によって、患者の体力に負担がかからない胸腔鏡と呼ばれる内視鏡による手術を適用する場合もあります。

進行がんの場合は、抗がん剤や放射線治療を行って、腫瘍の大きさを小さくしてから外科手術を行う場合もあります。

このように様々な治療法と組み合わせて、肺がん治療の成績は向上してきているのです。