肺がんの症状と診断方法

肺がんが見つかるケースには、いくつかあります。

1つ目は、症状が出てから受診して、がんが見つかる場合です。この場合は、進行がんである場合が多く、外科治療を行うことが困難となります。

2つ目は、定期検診や健康診断など、他の病気で胸の写真をとって発見される場合です。この場合は、早期の肺がんである場合が多く、外科治療が行われ、治る場合が多くあります。

肺がんは、定期検診で行われるX線検査が発見の第一歩になります。しかし、人の身体には骨や内臓などにより死角が生まれます。そのため、もし異常が見つかったら、CT検査を受けることになります。そこで、9割近い確率で肺がんかどうかが分かるのです。

また、CT検査でがんの進行具合や手術の適用が可能であるかなど判断が行えるようになります。

気管支鏡検査は、気管支から直接、内視鏡を入れて患部の状態を確認することができる検査方法です。必要に応じて細胞を採取し、肺がんかどうかを診断することが可能です。

このように、様々な検査を行うことで肺がんが、どのステージなのか、がんの種類は何なのかが分かるのです。